CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
NEW ENTRIES
LINKS
RECENT COMMENT
counter
online
now online
Yahoo!
Search this site
ウィーン発、オペラ歌手おいぞうの日常
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
とりあえず
なにか できることは ないか〜

自問自答されているひとはおおいとおもいますが、
今だけが手を差し伸べるチャンスではない
ということを肝に銘じています。

そんな想いを勇気付けてくれる記事
http://chodo.posterous.com/45938410
被災者の役に立ちたいと考えている優しい若者たちへ〜僕の浅はかな経験談〜

ふんふん なるほどφ(._.

それから義援金ですが、より確実なところに寄付するべきだ、とおもいます。
とりあえずおいぞうはYahoo!が受け付けている義援金に微額、寄付してみた。。
(Yahoo!jpさんにはいつもお世話になってるしw)
名前はあえていわないけれど、
個人情報と引き換えに倍額寄付!なんてのは。。。あやしい。。ヽ(`Д´)ノ

とりあえず、おいぞうは明日
東京にいる親戚とどうにかして連絡がとりたいけれど、自分の日本語が不自由で。。
というハーフの友人の通訳しにいってきま〜すおいぞう
こちらのNEWSがあまりにも原発事故を伝え続けるものだから、彼女かるいパニックになっていて。。

おちつけ!!!!
といいたかったデス。。。(-ω-)

小さなことからこつこつと(゚∀゚) b


posted by おいぞう | 04:46 | 日本 | comments(5) | trackbacks(0) |
カタストロフ
まずは 被災された方々のご安全と
お亡くなりになった方々のご冥福を
心よりお祈りいたします。

未曾有の大惨事(カタストロフ)。
PCの前で次々と送られてくる映像を前に胸ふたぐ思いですが
(USTREAMにくぎづけ。。海外在住者には非常にありがたい)
なにかわたしにもできることはないか。。
それを考えています。

被災された方々、また、過去に被災の経験(阪神・淡路大震災など)のある方々からの
有用な情報が待たれます。

なにが いま いちばん ひつようか


ここオーストリアでも高い関心がよせられ、トップニュースとして連日報道されています。
今日の午後7時30のメイン・ニュースもほぼその話題のみ。

←メイン・ニュースにて福島原発の事故を報道するORF(オーストリア国営放送)

一番の争点のひとつは「原発事故」。
オーストリア自体は原発に反対する立場をとっており、原発はひとつもない。
でも、隣国のチェコ・ドイツ・スイスなどには原発があり、
オーストリアという国自体の安全が守られているとはいえません。

ちなみに。。。

今回の事故をうけて、ドイツでは60000人からの原発反対のデモが行われた模様、とのことでした。



posted by おいぞう | 06:01 | 日本 | comments(4) | trackbacks(0) |
食いだおれ写真集
あけましておめでとうございます!!!
本年もどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m


えー実は。。
年末日本日本に帰ってました。
不義理をしてしまった方々、ほんとうにごめんなさい。
10日間しかなかった3年半ぶりの今回の滞在、
あっっっというまにおわってしまった。・゜・(/Д`)・゜・。

で、なにをしていたかというと
日々恋焦がれていた日本食を食べまくってましたw
とにかく食べた。呑むよりひたすら食べた。
どんだけ食いしん坊バンザイw

今回の滞在でのおいぞう一押しは
新橋にある「鶏繁」にわとり
ここのレバ刺し、ああああああああああああああ またすぐにでも食べたい!!!!!

それから小坪の漁港隣りの「めしやっちゃん」海鮮丼も最高でした(*´д`*)
写真をとりそこねたのがかえすがえすも悔やまれます。
新宿のてんぷら屋さん「つな八」も素敵でした。

次にまたいついけるかわからないけれど、
もうちょっと頻繁に帰れるようがんばります(`・ω・)

あそんでくれたミナサマ、本当にありがとう
またあう日まで♪

JUGEMテーマ:つぶやき。
posted by おいぞう | 21:00 | 日本 | comments(18) | trackbacks(0) |
うみ、そしてねぎとろ
日本の醍醐味シリーズその一、それは「海」。
先日の葉山に引き続き、本日は三戸浜。神奈川県づいてます。
この穴場ぶりはどうだ!
これですよ。これぞ、我が日本ですよ。
すっかりコンガリアンですけどね。

日本の醍醐味シリーズその二、それは「ねぎとろ」。
しあわせになれるねぎとろ
これがおいぞうが夢にまで見る某M漁港近くにある某寿司屋の「ねぎとろ丼」でございます。
あああああ、これが実況中継できるなんて、幸せなワタクシよ。
posted by おいぞう | 20:30 | 日本 | comments(5) | trackbacks(0) |
ハリポタと六本木ヒルズ
hills
日本生活を抜かりなく遊び倒しているおいぞうでございます。
久しぶりの日本はまだ暑くもなく予想したより全然快適。いいぞぅ。
ごはんも美味しいし、なおいいぞぅ。

昨日はいつもの仲間とランチをした後、nちゃんと一緒にハリポタを六本木ヒルズでご観賞。
ひっさしぶりの大都会、まぢかでみる東京タワー、ぴっかぴかのヒルズ、そして音声・スクリーン共に充実の映画館!
ああ、日本ってこうよね、東京ってこうよねと鼻息荒く妙な興奮を覚えつつも、友達と話しているうちに最初感じた違和感はすぅっと消えていく。
そこがふるさとの所以ですな。

しかし六本木ヒルズにはさすが日本、と思われる趣向がいくつもこらしてある。
シンプルなしかし優美な建築デザイン、コンサートホールのような映画館、展望台、美術館、あちこちの噴水、毛利庭園とよばれるビルの谷間の日本庭園、ショップの数々。
まるで迷路のような都会のエンターテイメントスポットは、100年前の様相といまだに殆ど変わらないウィーンという鄙びた一都市で日常を過ごしているおいぞうにとって、衝撃でありました。
日本はすごいよ、本当に!

完璧に観光客と化して、ビルの谷間にのぞいた東京タワーを携帯(最新機種だ!)で撮ってしまってごめんなさい。

ええと、ハリポタの方ですが、5作目です。
なかなかよろしく映画化してあった、というのが感想。
もちろんあの分厚い本を2時間30に収めるためにところどころかなりいじってはありましたが。そして全体的にそれぞれの人物像が希薄になっていたのは否めません。
ハリポタを読む醍醐味の一つとして、ディテールに注目する、ということが挙げられるとおいぞうは思っているのだけれど、そういうところが殆どなくなってしまっていたのはやはりいたい。
でも「自分の頭の中に思い描いていただけの世界が実際に映像化される」のは楽しい。あまり「これはあまりにイメージとちがうだろう」ということもなく、おいぞうとしては割と安心してみれた。
しっかし7作目おもわず買って読んじゃいたくなるなぁ。
ドイツ語版は10月に発売なので、それまで我慢するのだ!!!←ものすごく自分に言いきかせている
posted by おいぞう | 07:22 | 日本 | comments(7) | trackbacks(0) |
このエントリーをはてなブックマークに追加