CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRIES
LINKS
RECENT COMMENT
counter
online
now online
Yahoo!
Search this site
ウィーン発、オペラ歌手おいぞうの日常
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
ブリュッセル街散歩編

街の中心@グラン・プラース 四方からたてものが迫ってくるようで圧巻!!!




国会議事堂の前にひろがる公園には、チョコレートとビールとムール貝の巨大モニュメントがw



ステキな眺めの古楽器美術館とその周辺

そしてなんといっても コレ!
小便小僧 どーんっ!!!!

といいたいところでしたが
けっこう彼、チマっとしてましたw
それよりどーんとでっかかったのは小便小僧のとなりのワッフル屋さん前のこの子! 等身大
 
ちなみに右が彼の横にあるワッフル見本デス。
甘いものが好きな人ならもうこの街は天国?かも☆


オマケ
 泊まったホテルConradのステキなお部屋
とりあえず も一回だけつづく(゚∀゚;)


JUGEMテーマ:海外生活


posted by おいぞう | 04:38 | 旅芸人 | comments(3) | trackbacks(0) |
やっぱり旅芸人
北ドイツの北海近くの街の音楽祭にふたたびいってまいりました!
そしてやはり北海に至らなかったという。。。orz
来年こそ(TωT)
で、


帰りがけにハノーファーの街を散策してすこしだけパチリパチリと。
第二次世界大戦で街の90%がやられてしまったらしいですが(Wikiより)
すこしだけのこる中世の街並みが心おちつかせる素敵な雰囲気でした♪

帰った足でほぼそのまま、オーストリアのミュルツツーシュラークという田舎町へ。
その昔、ブラームスがしばしば夏をすごしたという山あいの小さな町。



ブラームス博物館なんてものあって、そこでコンサートもしてきました。
ブラームスの使っていた古いピアノなんかが置かれています(*´Д`)

ウィーンで行われたシェーンベルクのコンサートのための缶詰リハーサルだったのですが、
コンサート当日の午前中は自由時間だったので、
森のなかをながれるミュルツ川のほとりをお散歩してきました。
なんという清い流れ!


ウィーンのシェーンベルクセンターで行われたコンサートには
シェーンベルクの息子さんもいらしてくださり、
100周年をむかえた「月に憑かれたピエロ」の演奏に華をそえてくれましたw

100年経っても新しいですね!」
とお互いに意思確認し合った素敵な出会いとなりました♬


いや〜 やっぱり旅っていいもんですね!

JUGEMテーマ:海外生活


posted by おいぞう | 19:07 | 旅芸人 | comments(4) | trackbacks(0) |
ベルリン出兵


ひさびさのベルリン!!
5年ぶり??くらい

なんだかんだでまだ行っていなかったペルガモン博物館にやっといけて大満足(´∀`人)


大学のとき、古代ギリシャ美術の講義に胸をあつくしていたので、
本物が見れて感激!!!!
これがペルガモン神殿だーーーーーーーーッ ハァハァ

 
            くさび形文字なう

バビロンのイシュタール門の復元とともに
壮大・圧巻!

プロイセンすごいな。。

ベルリンに行くときいつもいく 一心 でお昼もたべたよ!

ネギトロ丼が切れていたので鉄火丼(土曜だったからかな。。 

ベトナム・カフェ Monsieur Vuongでたべた牛肉そばもたいへんおいしゅうございました(´人`)


今回、コンサートがHackescherMarktのあたりだったので、
その界隈をうろうろしたのだけれど
活気にあふれてて多国籍でたのしい!!!!
物価もやすいし!


PS コンサートはたいへん楽しかったです。観客があたたかかった(*´ω`*)



JUGEMテーマ:海外生活


posted by おいぞう | 03:39 | 旅芸人 | comments(4) | trackbacks(0) |
サウジ!ブラジル!
みなさん、ご無沙汰おいぞうです!



8月おわりから9月の頭にかけて、ブラジルにいってました。
滞在していたのは Curitiba クリチーバ という街。
サン・パウロから南へ約400kmほど下ったところにある コロニアルの街。

地図A地点が サンパウロ B地点が クリチーバ

クリチーバで最初の現代音楽フェスティヴァルが開かれ、
それにいつもの現代音楽アンサンブルで参加してきましたヽ(゚∀゚)ノ♪

おいぞうは初ブラジルだったのだけれど、
想像していたブラジルとクリチーバはちょっと違ってたw

なんというか。。。普通の都市w
異国情緒あふれる アマゾナスでトロピカルな都市を想像していたのだけれど。。。
しかも 冬だったので寒いときはさむい。
もっていった長袖を4枚くらい重ね着して、寒さをしのぎました。
だーれーだー ダウンはいらないっていったやつーーーーー!ヽ(`Д´)ノ
注*アンサンブルのメンバーの一人、ブラジル人Fが確信をもっていっていた
雨もよくふったし。

でもあたたかくなると、さすが南国というか、

まるで夏。


ぬぅ。。。こうやってみると異国情緒あふれるトロピカルで素敵な街ぢゃまいか!ww
おかしいな。。(・∀・;)

ものすごく素敵だったのは、
カシャーサ Cachaça というサトウキビからつくったお酒(*´д`*)
これは文句なしに美味かった!!!!
そして、カシャーサからつくられるライムベースのカクテル、「カイピリーニャ」!!!!!!


いちにちだけ 市営市場 mercado municipalというでっかい市場にいく機会がありまして。。
新鮮な果物やら コーヒーやら 香辛料やらが とにかくたくさん!!
そこですかさず カシャーサも購入!!!!!!



ほぼすべての種類のカシャーサが試飲できたのだけれど、
おいぞうは その直後にリハをひかえていたため 匂いをかいでなめただけ。。。il||li(つд-)il||li
もっとのみたかったよぅぅぅ。・゜・(/Д`)・゜・。


いつも食事していた素敵なビストロMafaldaにて アンサンブル仲間とブラジル人作曲家たちとともにパチリ。゚+.
サウージ!!!!!! (ブラジル語で「乾杯!」

※一日だけあった遠足の模様はまた次回!(゚∀゚) b



JUGEMテーマ:海外生活
posted by おいぞう | 04:51 | 旅芸人 | comments(4) | trackbacks(0) |
牛と 風車と とうもろこしばたけ
8月はじめ1週間ほど、北ドイツにコンサートのためにいってましたおいぞう
右から、牛たち 風車 自転車でかよっていたトウモロコシ畑の中のみち

Aurich アウリッヒ という小さなちいさな街。
ハノーヴァーから列車でさらに3時間。

北ドイツ特有の赤レンガの建物がたちならぶかわいらしい街。


滞在したのはアウリッヒのはずれの古い農家を改造した素敵なおうち(個人宅)
3匹の犬と1匹のネコにまじって滞在してきましたw

素敵な暖炉 部屋からのながめ リンバくん



街まで20分、トウモロコシ畑と牛のかぐわしい匂いのなか、毎日まいにち自転車をこいで、
すっかり太ももが競輪選手ばりに。。。(´Д`)
近所はガチの農家ばかり

でもすばらしい演奏家たちとともに、A.シェーンベルク「月に憑かれたピエロ」を
うたえて(もといしゃべれて とってもたのしかったヽ(゚∀゚)ノ

また来年もいけますように(*´ω`*)
そして次こそは、20kmほどのところにある北海がみれますように。。。





JUGEMテーマ:海外生活
posted by おいぞう | 04:53 | 旅芸人 | comments(0) | trackbacks(0) |
カオスな街便り
古い城壁の陽だまりで毛づくろいするネコ

さて、アゼルバイジャン本気でいってまいりました(゚∀゚)

ナマ・カスピ海もみてきましたよ〜*:.。☆..。.(´∀`人)
しかし海といえども内陸海、波が。。。まったくないw
 

そして かなり きたない(-ω-)

それでも またひさびさに潮の香りをかげました♪

首都バクーにほとんどいたのですが、
いやーーーーーーーーーーーーーーー
カオス\(^o^)/

なにがカオスってまず、交通がひどい車車車車車
なぜか大きな道路はほとんど左折禁止なため 左にいくためには大きくまわりみちをしなくてはならない。
レーンがほとんどない。
横入り?なんのこと?な雰囲気がばりばりでしたw
そして、歩行者のために、「横断歩道」がほとんどない。
車がビュンビュン通っている中を、歩行者は命がけで(土地の人はふつうに)わたらなくてはならない。

交通のみならず、街が大きな工事現場のよう。。
 
街の道はもれなく掘り返されており、そのせいでスモッグもすごいw
 街のシンボルのひとつ、処女の塔 12世紀に現在の塔は建てられたが、もともとはゾロアスター教(拝火教)の寺院だったとのこと そしてここには奇跡的に横断歩道が!!!

ルーマニアにいったときも相当カオスだな〜とおもったんだけど、
それ以上のものがありましたw

それでも、古い城砦都市だった名残りが旧市街にのこっており、
そこはうつくしいオリエンタル旅情がたっぷり
(城壁にかこまれた旧市街は、UNESCOの世界遺産に指定されている)



木炭をつかったサモワールでいれるチャイ めっさ美味いダージリン
ウォッカ ウィーンではあまりみかけない銘柄
あまい菓子パンがいっぱい


最初の6日間はコンサートのためのリハーサル・夜は演奏会鑑賞などでかなりいそがしく
遠出できなかったのだけれど、
最終日、バクーから車で30分ほどの「燃える丘」へ車

ここは天然ガスが湧き出しており、消えることのない炎が何千年ともえつづけているのだとか。
すごいエネルギー。
左後ろに小さく写っているのがホーミー謡いくん
一緒に遠足に行ったドイツのアンサンブルの2人はなんとモンゴル人。
ホーミーを歌い、馬頭琴を奏でるガチのモンゴリアン!
火の前でうたってくれたんだけど、いやーモンゴルの草原が見えた気がしました(*´д`*)


追記
  コンサートは大成功♪ バクーの聴衆はあたたかかったデス
コンサートがおこなわれた、フィルハーモニー モンテカルロのカジノを模してつくられた建物とのこと
コンサートはテレビ中継されました
posted by おいぞう | 06:05 | 旅芸人 | comments(2) | trackbacks(0) |
飛行時間4h
毎度のことながらお久しぶりです!

本日はアゼルバイジャン行きの航空券をとってきました〜。
行き先は首都Baku バクー。
4月頭に当地の音楽祭でシェーンベルクをアゼルバイジャン・フィルと歌う予定。
ウィーンからの飛行時間はぴったり4時間。
わりと近いヽ(゚∀゚)ノ

アゼルバイジャンってどこやねん!
というアナタ!

ココです(`・ω・)つ

カスピ海のほとりに位置する旧ソ連の国。
しかしいまは石油で非常にバブリーな国。

実は4年ほどまえアゼルバイジャンにいく企画があったのですが、
スポンサー等の問題で立ち消えに。。
今度はホントにいけるのかいまからドキドキです(´人`;)
たのむでーーーーー!

ちなみに。。

>アゼルバイジャンはワインの有名な産地であり、カフカース有数の上質なワインで知られる。
>ロシア国内ではグルジア産のワインはよく見かけるが、アゼルバイジャン産のワインを見つけることはあまりできない
>(現在はグルジア産ワインもロシアの対グルジア経済制裁で取引されていない)。
>しかし、コストやクオリティなどを考えればロシアで人気のグルジアワインに劣らないだけではなく、
>フランスワインよりも一部の人々には好まれている。(Wikiより)

()キラーン

posted by おいぞう | 23:07 | 旅芸人 | comments(3) | trackbacks(0) |
シラクサと猫さんたち
さて、シラクサ

シラクサは紀元前、
アテネやスパルタと並ぶ大きな都市だったところで
世界史専攻だったおいぞうにはかなり萌えるポイント

世界遺産にもなっている古代劇場は圧巻!



まずは、バロック建築の建ち並ぶ旧市街の離島へ向かう。


シラクサもしかし
あまりに暑かった!!!

灼熱の太陽で気が遠くなるほど。。。
12〜13時付近、あまりの暑さに
考古学博物館 Museo Archeeologico に避難w
ひさびさの冷房のありがたさ〜*:.。☆..。.(´∀`人)
(ウィーンは室内にほとんど冷房がついていなくって、でもほとんど夏必要ないの)

そこにカフェくらいあるだろーとおもっていたのですが、
ガチな博物館で、カフェなど一切なしwww
「Barはないんですか?」とたずねると
「外に行って飲んできて」
といわれたYO(゚∀゚)

で、ひとまず暑さにやられて死にそうになっていたので
外のBarでアイス・コーヒーを注文。
クラッシュアイスでがっつり冷やされた甘いエスプレッソを飲んで
なんとか生き返った感じでした。
しかしやっぱりイタリアのエスプレッソはうまい!(・∀・)
博物館の素敵な前庭とハイビスカス

気を取り直して博物館へ再び向かう♪

いやいやいやいや、 ギリシャ・ヘレニズムまでのすんばらしい美術品のかずかずが
ところ狭しと無愛想に陳列されているではないか!
まぢで萌えました(*´д`*)
参考 ギリシャの壺(wikiより) こーいうのがたくさん!!!


そして陽がすこしかたむいてから、
遺跡群に向かう。

ギリシャ古代劇場 ローマ円形劇場 かつての採掘場 捕虜が閉じ込められていたという「ディオニソスの耳」


さて、イタリアにはずいぶんノラ猫がたくさんいるけれど、
ここシチリアもご他聞にもれずw

以下、シラクサで出会ったネコさんたち


左から 考古学博物館のネコさん(飼い猫か?) ディオニソスの耳の主 店番ネコ やられ子猫


とまぁそんなこんなで
3回にわたっておとどけしてきましたシチリア篇
これまででーす♪
食べものの写真がなくてざんねんil||li(つд-。)il||li


観光に行くなら、冬、春、秋をおススメしたいw
そう、ようするに、夏シチリアにいくなら
ただひたすらキリリと冷えた白ワインを呑みながら
浜辺でだらだらしているべきだ(`・ω・)
とおいぞうはいいたいw


JUGEMテーマ:イタリア

posted by おいぞう | 07:02 | 旅芸人 | comments(2) | trackbacks(0) |
タオルミーナと海!
けっきょく一日目の夜は、カターニャで
魚介のパスタやリゾット、イカのレモン焼きレモンなどをいただく。
白ワインワインもキリッと冷えて美味なり!

そして、食べるのに夢中で
まったく料理写真を撮り忘れたYO(゚∀゚)
以下すべてのレストランで、同様。。。orz


ちなみに、一日目のレストランではこんな感じの魚介バーから
ウェイターが魚をとって、調理場にもっていってくれました〜。



さて、翌日はタオルミーナへバスバスで向かう。

途中、バスから

魅惑の海岸が見え、すぐにでも降りてしまいたい衝動にかられる。

実はカターニャの街、海沿いであるにもかかわらず、
海のほうは少し郊外にいかないと入れない。
(工業港がはばをきかせている)

海を目前にしつつ、海に触れることもできないなんて・・・il||li(つд-。)il||li
とかなりなフラストレーションだったのだ。

が、そこは大人。ぐっとガマンぢゃ。
まずはタオルミーナに。。



紀元前に古代ギリシャ人によって建てられた都市。
ギリシャ劇場とよばれる古代劇場の遺跡が、
現代もフェスティヴァルなどで使われている模様。

ちなみにこれは、土産物やさんに売られていた
シチリアの象徴でもある、トリナクリア
とよばれる三本足のクリーチャー。
注! おいぞうではありません!

しかし、あまりに暑かった!

「これ以上観光遺跡めぐりをすることは不可能」
と判断し、
けっきょくバスから見た
Giardini Naxos ジャルディーニ・ナクソスの海岸に向かうことに。
ここで泳いだ〜

3年ぶりの海!
ああああああああああ 海!!!!!!
(*´д`*)
最高!!!!



その3につづく〜

JUGEMテーマ:イタリア


posted by おいぞう | 20:04 | 旅芸人 | comments(6) | trackbacks(0) |
シチリア!シチリア!
毎日あまりにあつくて、
街にいる人が観光客ばかりになってきて、
海がみたくて、
円高で(本当は日本に行く野望があったのだ)
でも、夏は休もうと決めていて。


というわけで
衝動的に
シチリア
いってきましたヽ(゚∀゚)ノ

Giardini Naxosのビーチ!(ここで泳いだ)


飛行機でローマ経由、 飛行時間にしてたった2時間ほど。
 飛行機の窓からみたエトナ火山

そしてそこはもう南国!!!!!



今回おとずれたのは、シチリア島の東海岸。

カターニャ Catania
タオルミーナ Taormina
ジャルディーニ ナクソス Giardini Naxos
そして シラクサ Siracusa

どこも古代ギリシャ人・フェニキア人・古代ローマ人が建設した都市。

カターニャに滞在し、そこから基本バスバス移動。
バスはかなり頻繁にでていて、どこの都市までも1時間ちょい。
で、往復7.7Eur(1000円くらいかな) 安いwww

まずはカターニャ

古いバロック建築がそびえる街並。
街のシンボル、エジプトからのオベリスクのついたゾウの噴水
街の中心にそびえるドォーモ
偶然に結婚式に遭遇♪ おしあわせに
イタリアならではの路地

しかしハイライトはとにかく、魚介!魚市場!
ここの魚市場はナポリとならんで南イタリア最大級とな!
海がないオーストリアという小国からくると
そこはほんとうにパラダイスに見えました*:.。☆..。.(´∀`人)



左から メカジキをおろすおっちゃん 魚市場遠景 なんかわからないけど平べったい魚 ムール貝 えびとか

それからおいぞうおいぞう
市場でえびとムール貝をただでいただきましたww

「4つ5つでいいからくださいな」
といったら、気前よくムール貝をひらいてくれて、
その場でレモンをぎゅっとしぼってたべさせてくれた〜(*´艸`*)
えびもしかり。
その場で殻をむいて、背わたもとらずにぱくり。
それが夢のやうに美味しかった(*´д`*)
久々に食べた甘えびでした

てか、売りながら売りもののえびを自分たちで
スナック菓子のように食べてるおっちゃんを観るのもたのしい♪

カターニャの市場は魚だけでなく、
新鮮な野菜やら、くだものやら、お肉やら、チーズやら
なんでも売ってました。


イカのすみを出してからその場で洗ってます 新鮮なオリーヴ ウニ なぜか野菜市場に売っているかたつむり 臓物。。!!


その2へ つづきまーす♪

写真はクリックで拡大

JUGEMテーマ:イタリア


posted by おいぞう | 19:23 | 旅芸人 | comments(14) | trackbacks(0) |
このエントリーをはてなブックマークに追加