CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NEW ENTRIES
LINKS
RECENT COMMENT
counter
online
now online
Yahoo!
Search this site
ウィーン発、オペラ歌手おいぞうの日常
<< 負け負けプー | TOP | マノン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
笑いムシ
4月に日本に行くことになったHのお父さん(と連れ合いさん)。
この日本訪問は、あるウィーンの区の公式訪問なので、彼ら、日本語でスピーチをすることになりました。もちろん2人とも日本語は全くできず。

おいぞうとHの共同翻訳によるローマ字羅列のスピーチ原稿をせっせと練習する2人ですが、ある単語がどうしてもうまく言えない。で、おいぞうが読むのをビデオカメラで撮影し、それを見て練習しよう、ということになったらしい。

彼らの難関はたとえば「教育機関」「学校長」「就学児童」「義務教育」(かれら学校関係者なんです)。
後者2つに至ってはどうしても発音することができず、単語そのものが省かれることに。
たしかにローマ字で"Kyouikukikan""syuugakujidou"などと書いてあったら読むのいやかもな。
でもドイツ語だって"Schweinsschnitzel"とか"Pflichtschule"なんて単語がざらにあるんだし、頑張って欲しいぞ。

撮影にかこつけて、中華料理屋を指定した我々。もちろんお父さんのおごり。ははは。
たらふく食べて、さあ撮影。
念には念を入れ、2回も原稿を読み上げるおいぞう。
さぁ終わったと思ったとたん、「すまない、もう一度読んでくれ〜。音がはいってなかったよ。」とお父さん。
で、あらためて読み始めたおいぞうの耳に「ちゃららら〜♪ ハァ〜ン♪」という中国チックに怪しいメロディーが。レストランのBGMがにわかにボリュームアップしている。
いや、これは聞いてはいけないぞ、と心に言い聞かせながら読みつづけるおいぞう。

しかし2/3ほど読み終えたところで、Hのお父さんがいきなりその音楽に気がついたらしく、ものすごく怪しい身振りで抗議しだし、無視しようと思っていたおいぞうの心の笑いのムシがむくむくと。
いや、この歌、ヘンだって。どう考えても。
で、その後耐えきれずに吹き出すおいぞう。

…結局、あとの1/3は読めなかったデス。どうしても笑っちゃって。
いやぁ、笑っちゃいけない、とおもうとどうもね。いかんね。
音楽を切ってもらってもダメでした。お父さんごめんね。お店の人ごめんね。

実はおいぞうは高校のときの演劇の舞台でも吹き出してしばらく立ち直れなかったことがあり、こちらでの演劇のとある舞台でも笑いで後が続かなくなったことがある前科者です。(両者共に本番)
こちらでの舞台は日本語で決まった台本もなくひたすらしゃべる、というシーンで、幸いこちらの人々にはセリフ半ばにして自爆したことを気付かれずにすんだが、そのあと一言もしゃべれなかった。笑い過ぎで。
オペラの舞台では本番さすがにこれはない。どうもね、音楽ついてないとだめだね、おいぞうは。

しかし久しぶりに「なんで可笑しいのかわかんないけどただひたすら可笑しい」状態に陥りました。
こういうのって、10代のときはよくあったんだけど。
posted by おいぞう | 03:16 | つれづれ | comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 03:16 | - | - | - |
コメント
らっきょが転がるだけで可笑しい年代 って言い方あったよね?!
地方限定かなw
つぼにはまっちゃうと笑いが止まらない。同じくです^^ヾ
私はお父さんの「音が入ってなかったよ。」ですでに面白かったよ((笑))
狙ってたかのようなコントおちでオイオイ!って突っ込み笑いしました^^

中国の怪しい音楽、聞いてみたいです((^m^))
お父様とお友達、ちゃんとスピーチ成功しますように(^人^)

2007/03/16 12:32 by ぱんだのねっこ
>ぱんださん
「箸が転がるだけで」っていうのはよく聞いたことあるよ。らっきょは初めて聞いたかなぁ。でも絵的にかわいいね。
まえ日本人じゃない誰かに、「なんで箸が転がるんだ?」って厳しく問い詰められたことがあるような気がする。
「ええと、だから、箸がはしってるってだけで可笑しいし、それが転んだらもっと可笑しいし…」とかなんとかしどろもどろで説明したような。
2007/03/17 07:14 by oizo
らっきょが転がってもおかしい、っていう言い方もあるんですね。
ドイツ語圏の人でも発音できない日本語があるんですねぇ・・初めて知りました、はい。

2007/03/17 12:57 by cy
そういえば昔、あるテレビの番組で、箸が転げて本当に人は笑うのか、という実験を年代別にしていて、10代の子達はほとんど笑ったのに対して、年齢が上がるにつれて、だんだん笑う人の数が減ってたな。私ももう、箸が転げただけじゃ笑えないな。年取ったかな。。。

どうでもいいけど、この色、見にくいね。
2007/03/17 13:04 by りだまま
>cyさま
おかげんいかがですか。
北欧の人は言語感覚に長けている人が多いから、結構日本語もすらすらかもしれないですね。

〜が転んでも可笑しい、というのは地方により色々ありそうですよね。
2007/03/17 21:33 by oizo
>りだまま
「箸が転ぶ」というシチュエーションは結構無理があって可笑しいと思うけどね。実験で箸を転ばせたってただテーブルに箸をころん、と?
その図を想像するとちょっと可笑しいね。

あれだめ?この色。黄色が目に痛い? それとも緑? それとも両方か?!
2007/03/17 21:38 by oizo
テーブルの上に、箸置きと箸がのかっていて、箸置きがリモコンで動くようになっていたか、もしくは見えないようなひもがついていて、いきなり、箸が転げるようになっていた。見たのは10年以上前だったので、その番組を見ていたときは、結構うけた。

黄色が見にくい。
2007/03/21 12:15 by りだまま
>ridamam
黄色、ちょっと換えてみたけど。
2007/03/23 02:22 by oizo
コメントする










コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://oizo.jugem.jp/trackback/235
トラックバック
このエントリーをはてなブックマークに追加