CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NEW ENTRIES
LINKS
RECENT COMMENT
counter
online
now online
Yahoo!
Search this site
ウィーン発、オペラ歌手おいぞうの日常
<< タオルミーナと海! | TOP | サプライズ♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
シラクサと猫さんたち
さて、シラクサ

シラクサは紀元前、
アテネやスパルタと並ぶ大きな都市だったところで
世界史専攻だったおいぞうにはかなり萌えるポイント

世界遺産にもなっている古代劇場は圧巻!



まずは、バロック建築の建ち並ぶ旧市街の離島へ向かう。


シラクサもしかし
あまりに暑かった!!!

灼熱の太陽で気が遠くなるほど。。。
12〜13時付近、あまりの暑さに
考古学博物館 Museo Archeeologico に避難w
ひさびさの冷房のありがたさ〜*:.。☆..。.(´∀`人)
(ウィーンは室内にほとんど冷房がついていなくって、でもほとんど夏必要ないの)

そこにカフェくらいあるだろーとおもっていたのですが、
ガチな博物館で、カフェなど一切なしwww
「Barはないんですか?」とたずねると
「外に行って飲んできて」
といわれたYO(゚∀゚)

で、ひとまず暑さにやられて死にそうになっていたので
外のBarでアイス・コーヒーを注文。
クラッシュアイスでがっつり冷やされた甘いエスプレッソを飲んで
なんとか生き返った感じでした。
しかしやっぱりイタリアのエスプレッソはうまい!(・∀・)
博物館の素敵な前庭とハイビスカス

気を取り直して博物館へ再び向かう♪

いやいやいやいや、 ギリシャ・ヘレニズムまでのすんばらしい美術品のかずかずが
ところ狭しと無愛想に陳列されているではないか!
まぢで萌えました(*´д`*)
参考 ギリシャの壺(wikiより) こーいうのがたくさん!!!


そして陽がすこしかたむいてから、
遺跡群に向かう。

ギリシャ古代劇場 ローマ円形劇場 かつての採掘場 捕虜が閉じ込められていたという「ディオニソスの耳」


さて、イタリアにはずいぶんノラ猫がたくさんいるけれど、
ここシチリアもご他聞にもれずw

以下、シラクサで出会ったネコさんたち


左から 考古学博物館のネコさん(飼い猫か?) ディオニソスの耳の主 店番ネコ やられ子猫


とまぁそんなこんなで
3回にわたっておとどけしてきましたシチリア篇
これまででーす♪
食べものの写真がなくてざんねんil||li(つд-。)il||li


観光に行くなら、冬、春、秋をおススメしたいw
そう、ようするに、夏シチリアにいくなら
ただひたすらキリリと冷えた白ワインを呑みながら
浜辺でだらだらしているべきだ(`・ω・)
とおいぞうはいいたいw


JUGEMテーマ:イタリア

posted by おいぞう | 07:02 | 旅芸人 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 07:02 | - | - | - |
コメント
猫に萌えました〜〜。
でも、きりりと冷えたワインを飲んで、だらだらもいいじゃないですか〜。
2010/07/29 19:52 by cy
猫と共存する街ってすてきだな〜とおもうんです。
ウィーンには野良猫が全然いなくてw
飼い猫はたくさーーーん いるんですけれど。
2010/08/03 16:20 by oizo
コメントする










コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://oizo.jugem.jp/trackback/520
トラックバック
このエントリーをはてなブックマークに追加