CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
NEW ENTRIES
LINKS
RECENT COMMENT
counter
online
now online
Yahoo!
Search this site
ウィーン発、オペラ歌手おいぞうの日常
<< とりあえず | TOP | すっかり >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
カオスな街便り
古い城壁の陽だまりで毛づくろいするネコ

さて、アゼルバイジャン本気でいってまいりました(゚∀゚)

ナマ・カスピ海もみてきましたよ〜*:.。☆..。.(´∀`人)
しかし海といえども内陸海、波が。。。まったくないw
 

そして かなり きたない(-ω-)

それでも またひさびさに潮の香りをかげました♪

首都バクーにほとんどいたのですが、
いやーーーーーーーーーーーーーーー
カオス\(^o^)/

なにがカオスってまず、交通がひどい車車車車車
なぜか大きな道路はほとんど左折禁止なため 左にいくためには大きくまわりみちをしなくてはならない。
レーンがほとんどない。
横入り?なんのこと?な雰囲気がばりばりでしたw
そして、歩行者のために、「横断歩道」がほとんどない。
車がビュンビュン通っている中を、歩行者は命がけで(土地の人はふつうに)わたらなくてはならない。

交通のみならず、街が大きな工事現場のよう。。
 
街の道はもれなく掘り返されており、そのせいでスモッグもすごいw
 街のシンボルのひとつ、処女の塔 12世紀に現在の塔は建てられたが、もともとはゾロアスター教(拝火教)の寺院だったとのこと そしてここには奇跡的に横断歩道が!!!

ルーマニアにいったときも相当カオスだな〜とおもったんだけど、
それ以上のものがありましたw

それでも、古い城砦都市だった名残りが旧市街にのこっており、
そこはうつくしいオリエンタル旅情がたっぷり
(城壁にかこまれた旧市街は、UNESCOの世界遺産に指定されている)



木炭をつかったサモワールでいれるチャイ めっさ美味いダージリン
ウォッカ ウィーンではあまりみかけない銘柄
あまい菓子パンがいっぱい


最初の6日間はコンサートのためのリハーサル・夜は演奏会鑑賞などでかなりいそがしく
遠出できなかったのだけれど、
最終日、バクーから車で30分ほどの「燃える丘」へ車

ここは天然ガスが湧き出しており、消えることのない炎が何千年ともえつづけているのだとか。
すごいエネルギー。
左後ろに小さく写っているのがホーミー謡いくん
一緒に遠足に行ったドイツのアンサンブルの2人はなんとモンゴル人。
ホーミーを歌い、馬頭琴を奏でるガチのモンゴリアン!
火の前でうたってくれたんだけど、いやーモンゴルの草原が見えた気がしました(*´д`*)


追記
  コンサートは大成功♪ バクーの聴衆はあたたかかったデス
コンサートがおこなわれた、フィルハーモニー モンテカルロのカジノを模してつくられた建物とのこと
コンサートはテレビ中継されました
posted by おいぞう | 06:05 | 旅芸人 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 06:05 | - | - | - |
コメント
おいぞうちゃん、またまたブログとは全く関係ない内容なのですが・・・

今日、お父さんが亡くなりました。私は、人の死を身近に経験するのがほとんど初めてなので、何ともいえないような、不思議な気分です。

葬儀が来週なので、なんだか、来週旅立つまでお父さんが家でのんびり休んでいく、みたいな気がして。ずいぶん苦しんだのだけど、今は、眠っているみたいな顔をしているから、独りで傍にいるときに、まつげとか、顔のほくろとか、しげしげとみていました。

死、というのは、心臓が止まることなんだなー、と思いました。
でも、手を握ると、やわらかくて、温かくて、不思議でした。

葬儀まで日があるので、それまで、ちびを幼稚園に連れて行ったりすることも不思議。

いろいろ不思議だらけです。
2011/04/13 22:07 by めぐまま
めぐままちゃん
今日投函しようとおもっていたハガキがあったのだけれど、
追加するのでまたすこしおくれるかな。。

なんといっていいのか。。
よいお別れができますように。。
ご冥福をお祈りいたします。
2011/04/14 13:58 by oizo
コメントする










コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://oizo.jugem.jp/trackback/534
トラックバック
このエントリーをはてなブックマークに追加