CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRIES
LINKS
RECENT COMMENT
counter
online
now online
Yahoo!
Search this site
ウィーン発、オペラ歌手おいぞうの日常
<< 苦行という名の録音 | TOP | ひさびさの更新と近況など >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
覚えがき「cruel spirals」フィリップ・マヌリー 注意・内容暗いです
←会場の宮殿の間に飾られていた巨大シャンデリア

cruel spirals 「冷酷なる螺旋」
一昨日歌い終わったこの曲が頭のなかで鳴り止まない。
まさに螺旋のように、ぐるぐると頭の中をまわっている。

2007年の作品。
ユダヤ系アメリカ人であるJerome Rotenbergの詩にフランス人のマヌリーが曲をつけた、ある意味異色の作品ともいえる。
9曲からなるツィクルスで、編成はソプラノ・フルート・クラリネット・ヴァイオリン2・ヴィオラ・チェロ・コントラバス・ギター・打楽器
30分ほど。


9曲のうち一曲めと九曲めはもう一瞬も油断できない変拍子で
  16分音符 3+3+2+2、3+2+3+2、2+2、3+2+2+3、3+3+2 こんな感じで延々とつづく。
実際落ちないか冷や汗ものでしたw

9曲中 Lamento 哀歌 と題された短い楽章が5つ挿入されており
各ラメントごとに、かつての強制収容所の名前がタイトルとして書かれている。

たとえば LamentoIIIは[Bergen−Belsen]
ベルゲン-ベルゼンというのはハノーファー近くにあった強制収容所。

その詩は以下のとおり(訳おいぞう 原詩は英語です)



私をとりまいている
私は知っている
お前も知っている
柵には憐れみがある
「生きろ」
死体
死体
踊る死体



すばらしい曲だったし、アンサンブルも本当に一流だったし、この曲を歌えたのは僥倖ともいっていいほどのことなんだけど、
ほんとうに重かった。

いまの自分にできうることはやった。
でもこのテーマが表現しきれたとはとてもいえないし、
またぜひとも歌いたい。チャレンジしたい。
どうかそのチャンスが訪れますように。


どうやらDVDにとっていたようなので
いただいて気が向いたらTubeにでもupしますばい。




JUGEMテーマ:現代音楽
posted by おいぞう | 04:05 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 04:05 | - | - | - |
コメント
コメントする










コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://oizo.jugem.jp/trackback/557
トラックバック
このエントリーをはてなブックマークに追加