CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRIES
LINKS
RECENT COMMENT
counter
online
now online
Yahoo!
Search this site
ウィーン発、オペラ歌手おいぞうの日常
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
次の帰国時にはもう食べられないのか。
日本に帰国した折りにいつも楽しみにしているもの。
それはたとえば太平洋を見ることだったり、本屋さんに入り浸ることだったり、家族や友だちに会うことだったり、新鮮なネギトロ丼を食べることだったり、まぁいくつもあるわけです。
そんな「日本を骨まで満喫するぞリスト」にささやかに末席ではあるがしかし確実にランクインしていたものに
「蒟蒻畑(ゼリー)を食べる・しかも色んな味を」
という項目があったんです。

しかし無念の蒟蒻畑製造中止、なのね。
愛しの蒟蒻畑よ。さようなら。
おいぞうはもうあなたには会えないのね…。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20081001_chissoku/
参考までに↑リンクしときます。

蒟蒻畑を不当に貶める・迫害する流れができあがっているとするならば、なにを言ってもムダでしょうけれど。
posted by おいぞう | 06:20 | 食道楽 | comments(4) | trackbacks(0) |
あたりまえ
今日、いつも伴奏をお願いしているMさんのところへいって出していただいた白ワイン。
PinotGrigio。(産地は忘れた)
「いやー、Mさんこのワイン本当においしいですねー」
「あらそう? 誰かからのいただきものなんだけど」
「……」←ラベルを見る
わたしが前おじゃましたときに持ってきたワインですたw
あはは、わたしの好みで買ったんだから、わたしが美味しいと思うのの当たり前じゃん!
posted by おいぞう | 07:06 | 食道楽 | comments(2) | trackbacks(0) |
マイブーム2
連日30℃越えのウィーンです。
イナズマ雷の嵐も連日。
まだ6月なのにこの天気で、7、8月はどうなるのか。
熱波のヨーロッパとなるのか、それともいきなり寒くなってセーターが必要になってしまうのか。(どちらもありうるな…)

で、前回に引き続きおいぞうの最近のマイブームの第二弾!
それはBIOLIMO ビオリモ。
←クリックで拡大します
左からラズベリー、オレンジ、レモン。1リットル入りボトル、1,39EUR。
とくに右のレモン味がオススメざます。
早い話がレモネード(ソーダ)なんだけど、全てがBIO、要するにオーガニック。
Vöslauerフェースラウアーというオーストリアのミネラルウォーター会社から最近発売されたもので、よくありがちなレモンソーダを飲んだ後のなにか舌に残るような感じが全くない!
それもそのはず、有機栽培の果実、有機栽培の砂糖、保存料、着色料一切なし。
そうか、あの舌に残る感じは薬品だったのね〜。

いまオーストリアもご多分に漏れずBIO(オーガニック)ブームで、それを受けての発売と思われますが、ホントに美味しい。
きりっと冷えたSoda Zitrone、レモンソーダがすぐ飲める。ちなみに23kcal/100mlだそうな。

なんだかワタシ、Vöslauerの回し者みたい…?
posted by おいぞう | 07:48 | 食道楽 | comments(4) | trackbacks(0) |
マイブーム
最近のマイブームはこれ、Igloイグロから出ている枝豆!


いやこれがけっこう美味しい。
むいて塩茹でした枝豆がころころと入っている冷凍ものなんだけど、料理の仕上げにそのままぽろぽろと上に散らして、粗熱を利用して解凍、それでOK。
チラシ寿司とか、煮びたしとか、麻婆豆腐とかとにかくなんにでもざらざらと入れちゃうのだ。
ナマの枝豆は普通には買えないので、メチャメチャ重宝してます。
さやから剥かれた状態で冷凍してあって、さやから枝豆をプチプチという例の楽しみは残念ながらないけれど。(∞エダマメが欲しいところw)

ちなみにwikiによれば、
…その歴史は古く、奈良・平安時代には既に食されていたとされている。江戸時代には夏になると路上に枝豆売りの姿があったという…
へぇぇ、風流風流。
posted by おいぞう | 06:02 | 食道楽 | comments(2) | trackbacks(0) |
グレープフルーツサラダ
本日作ったサラダが私的にかなりヒットだったので忘れないようにメモメモφ(.. )

*えびとグレープフルーツのサラダ*
小えび(すでに水煮してあるもの) 200gほど
ピンクグレープフルーツ     ひと玉
レタス               1/4玉
オリーブオイル          適量
レモン               半分
塩・胡椒              適量

1 ひたすらグレープフルーツの皮をむく。 
2 水を切った小えびを放りこむ。
3 レタスを細かくちぎってさらに放りこむ。
4 オリーブオイルをたらたらと。
5 しぼったレモン汁をたらたらと。
6 軽く塩コショウして混ぜまぜ。
7 そして食べる。うま〜〜〜〜。

27℃まで気温が上がった今日のウィーンにぴったりの夕飯の一品でした。
グレープフルーツの苦味がまったくない。
パチパチパチ←自讃
美味くて写真撮るの忘れた。
posted by おいぞう | 06:55 | 食道楽 | comments(5) | trackbacks(0) |
ミュンヘン
オーディションを口実に、週末ミュンヘンに一泊旅行してました。
数えてみたらミュンヘンは五度目。おおかた観光はしたよなー、とおもってたけど、今回ははーと二人だったし、また違う楽しみかたができて満足、満腹♪
しかし寒かった。ウィーンよりちょい寒めでした。やっぱりアルプスが近いからかしら?
からくり時計で有名な市庁舎
続きを読む >>
posted by おいぞう | 07:40 | 食道楽 | comments(10) | trackbacks(0) |
チガウ…orz
日本ではまったく当たり前の「コーンポタージュ」ですが、何故かこの国にはない。
コーンの缶詰もガンガン出回っているし、でろっとしたピュレー状のスープもトマトを始め、じゃがいも、アスパラ、かぼちゃと充実しているにもかかわらず、なぜかコーンをスープにすることは思いつかないらしい。
おいぞうはコーンポタージュが大好きなのにな。

しかし最近、見つけたこの粉末スープ!
 かぼちゃとコーンの「黄色いスープ」。やったぁ。
クノールの出した新作シリーズで、色は他に白(カリフラワー&ホワイトアスパラ)、赤(トマト&赤ピーマン)、緑(ほうれん草&グリーンピース)、オレンジ(かぼちゃ&ニンジン)があるようだ。

おいぞうのいつも買い物するスーパーには売っていないので(チッ)、ちょっと大きめのスーパーに行ったときにやっと見つけて即座に購入。
わくわく。これでコーンポタージュが飲めるぞぅ!

…で、作ってみました、が…
あれ? なんか匂いがヘン???
あの甘いやわらかいやさしいコーンポタージュの匂いではなく、カレーの匂いがする?!
飲んでみる。
…塩の効いたカレースープですよ?
しかもなんだかちょっと酸っぱい…?

パッケージをもう一度よくよく見直して見ると、がぁぁぁぁぁん!
 ←見にくいけどたしかに…
インドカレー風味って書いてある! その上にはあんず風味とも。保護色になって判らないけど、あんずの絵までご丁寧にかいてあるじゃんっ。
なんでこんなことするんじゃーーー!!! よけいなもの入れるなーーーーーー。

期待した分、落胆ははげしい。
甘い味が来ると思ったのにカレー味が来たそのガクリ感。
蒸しパン食べようとおもって食べたらカレー味のしょっぱいおかずパンだったみたいなものです(多分)。
いや、決してまずくはないと思う。むしろ、しょっぱいぞと心構えをして飲んだら美味しいのかもしれない。
でもきっと私は二度と買わないでしょう。

やっぱりこちらではあの甘いやわらかいやさしいコーンポタージュを望むことは許されないのね。
posted by おいぞう | 20:19 | 食道楽 | comments(8) | trackbacks(0) |
コイビトキタル
うふふ、タイトルで釣られたみなさま、コイビトといっても「白い恋人」です。
海を越えてはるばるやってきました。
ものすごく久しぶりだなー。早速むさぼるようにいただきました。←オイッ
はるのははさまからの差し入れでございました。ありがとうございました!!!

ちなみに、はーも「ものすごくおいしい」といってパクパク食してました。
ウィーンの人ってウィーン菓子にプライドを持っている人が多くって、おいぞうが「日本の洋菓子おいしー」といって食べていても「そんなでもない」とひややかな感想を述べられるとこちらはどん引き。
まあそれは、おいぞうが日本でデーメルチョコレートケーキを食べてものすごく感動して、デーメル本店(ウィーンにある)にいって期待に胸をふくらませて食べたら甘くて吐きそうになったというエピソードからも窺い知れるように、甘さ感覚の違いからくるんだとは思いますが。
でもそんな生粋のウィーン菓子好きも太鼓判をおした白い恋人。
さすが、逆風を追い風に変えることのできた銘菓だけはある。うむ。

それからみなさん、ハッピー・ヴァレンタイン
posted by おいぞう | 07:33 | 食道楽 | comments(5) | trackbacks(0) |
今年のツリーと晩餐
今年は引っ越したばかりのはーのお母さんの新居にてクリスマスを祝う。
小さいけれど暖かい感じのツリー。

そして恒例のクリスマスイウ゛の晩餐。
mainsaladtorte<<<--kirschtorte
右からメインのます、ジャガイモのサラダ(その他サラダが3種類あったんだけど)、さくらんぼのチョコレートケーキ。
それからケーキの中身のアップw
ものすっごく甘そうに見えますが実はそうでもない。
こちらの人は生クリームに砂糖を全く入れないので。
でもすごいカロリーであることはまちがいありません。しかしこのケーキがまたほんとに美味い。ぺろりとね。
こんな風だからこの時期はオーストリア人はぶくぶくになってしまいますの。
でもおいぞうはオーストリア人じゃないのに。ま、まずい...

posted by おいぞう | 07:33 | 食道楽 | comments(9) | trackbacks(0) |
白菜鍋
ウィーンもようやっと冬っぽく寒くなってきました。
本日の気温は-1℃。ゆきもちらほら。いいぞぅ!
鍋物の季節ですね。

ちょい風邪気味のはーの回復のためにも、と思いひさびさにピェンローを作ることに。
これは知る人ぞ知る妹尾河童さん紹介による白菜鍋。
作り方、詳細はこちらをご覧あれ。※勝手にリンクしたけど大丈夫かな。ドキドキ
ウィーンではスーパーでごく普通に白菜が手に入るし、肉も安い。
春雨も最近ではおいてあるスーパーが増えたし、(椎茸は家に常備されているので)それでもうことは足りる。
簡単で、おいし〜。
とにかく身体が芯からあったまります。

まだ食したことのないお方はどうぞお試しくださいな♪
posted by おいぞう | 08:08 | 食道楽 | comments(4) | trackbacks(0) |
このエントリーをはてなブックマークに追加